日本の卒業式

日本の小学校、中学校、高等学校等においては、始業式、終業式、入学式、修了式などと並んで、特別活動の中の学校行事で、儀式的行事に分類される学習活動である。

通常、3月に実施される(早春の歳時記的なものにされるほどである)。高等学校では上旬、大学・短大では下旬が多い。小中学校では、従来は3月20日頃が多かったが、近年ではやや早まるケースもある。函館ラ・サール高等学校のように2月1日に実施するところもあるが、2月以前や4月以降に行われる例はほとんど見られないようである。

参考までにアメリカでは6月、韓国では2月が多い。これは学年年度(アメリカでは6月に1年度終了、9月から新学期)による違いである。

学習指導要領では、「その意義を踏まえ、国旗を掲揚するとともに、国歌を斉唱するよう指導するものとする」と定められている。

学校によっては、この式において「学事報告」という、教育委員会(来賓として招待した教育委員会関係者)への業務報告を行う所もある。これは、1年間の職員の体制、各学年の入学・進級の実績などを報告するもので、公立小学校で行われる事が多い。」

卒業式 祝辞

卒業式祝辞とは。

○○中学3年生の皆さん、そして保護者の皆様、ご卒業おめでとうございます。○○中学での3年間を終えて、今日卒業の日を迎えられることを共に喜び、心からお祝い申し上げます。
また、校長先生をはじめ諸先生方には授業はもとより、部活に、補講に、進路指導に等々ご指導いただきありがとうございました。卒業生ともども感謝申し上げます。
・・・・・・・ですから笑って暮らすのも人生ないて過ごすのも人生です。同じ人生なら
・・・・・・すなわち自分自身である幸せの秘訣は、自分がやりたいことをするのではなく、自分がやるべきことを好きになることです。・・・・・・・・・・・・ですから人と触れ合うことで・・・・・・・・
皆さんのこれからの大いなる希望と夢が現実となし素晴らしい人生を送ることをお祈りして私からの言葉を祝辞とさせていただきます。

卒業式 歌


卒業式に歌われる歌
幼稚園・保育園の卒園式では、「おもいでのアルバム」など、幼稚園・保育園生活を四季ごとに辿り、もうすぐ小学校1年生になるという内容の歌詞の歌が歌われる事が多いようである。

小学校以降では、国歌・校歌に加え、かつては「蛍の光」や「仰げば尊し」が広く歌われたが、近年では他の歌に変わる傾向が強く、「旅立ちの日に」などの、教師が作った歌がよく歌われるようになっている。学校によっては、教職員と児童生徒が交互に多数の歌を斉唱し、式次第(プログラム)において「卒業(式)の歌斉唱」と記す学校も見られた。

現在は、校長・来賓による祝辞や、生徒間での送辞・答辞、卒業に当たって実施される各種表彰などが中心となり、国歌・校歌以外の歌を多数採用する学校は少なくなっている。

下述するように国歌に関する問題が発生していることもあるが、学習指導要領に則り粛々と斉唱する学校が多いことは言うまでもない。

卒業式 スーツ

卒業式、服装のスーツは紺や黒のスーツで全然問題ないと思いますよ。
卒業式もハレの日なので、普段のスーツにちょっと色をつけたいのであれば、ちょっとシルバーやゴールドが入ったネクタイ(悪く?言えば派手目)をされるのもオシャレだと思いますよ。
※勿論言うまでもないですが、パンツには折り目を。靴はきちんと磨いてくださいね。

もし心配であれば、周りの方にどんなものを着ていくのか確認されるのも良いかと思います。

卒業式 挨拶

スピーチの目的を「あがらずに・つつがなく」というレベルに初期設定しているから「あがるかも、とちるかも・・・」と不安になるのです。
初期設定段階で「感動させて生徒・父兄の半分を泣かしたる!」というところにもっていきましょう。ですからそのための文面・感動的な話し方・間の取り方・声のはり方・声質・・・など様々に鍛練をつみ、本番を迎えましょう。事前の不安は「泣かなかったら、うけなかったらどうしよう?」に変化している筈です。そして結果的な「失敗」というのは「畜生!2人しか泣かなかった!失敗だ!」となっているでしょう。万々歳ですね。

まぁ簡単にいえば「綿密な準備・徹底的に練習」ということなのですが、目標が違うと結果も全く違うことになるのです。

卒業式 髪型

kimono.jpg髪の多い方、頭を小さく見せたい方にオススメなヘアスタイルです。
着物、振袖にぴったりです。
短時間でできる簡単なスタイルなのに、編み目が美しくゴージャスに仕上がります。

編み込みをした束を組み合わせるだけでできちゃう簡単ヘアスタイル。
あっというまに 上品でコンパクトな着物ヘアの完成できます。
http://hairstyle.minami-aoyama.com/kimono/

1 髪を耳の後ろ、前の毛束と2つにわける。
2 後ろの毛束を毛先まで編み込みする。
3 毛先はゴムで止めておく。
4 残した毛束がとびだすくらいを左右2つにわけ、同様に編み込みをする。
5 右の毛束を軽くねじりながらピンでとめる。
6 左の毛束も軽くねじりながらピンでとめる。
7 編み込みの毛先を、耳の後ろあたりでれじりながら毛先を入れ込んでピンで固定する。
8 かざりピンなどでポイントをつくる。